読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫だよ?

先日、中古住宅購入前検査を

依頼された方からのお話です。

f:id:espasbiz:20150407195516j:plain

築20年以上の建物を購入しようと

検討されていて

知り合いの建築家に聞いたら

「そんなお金を掛けて検査

しなくたって、大丈夫だよ」と

言われたそうです。

 

どんな根拠があって、大丈夫なのでしょう?

私からみれば、無責任な発言です。

 

依頼された方は

それでも不安だったので、

私に依頼されたと思います。

 

私の調査経験からも

大丈夫でない建物もあり

すぐに直さないとならない部分

2~3年はこのままでも

大丈夫という建物もあります。

 

中古住宅は売買契約になります。

一般の商品を購入するのと同じです。

契約書の中に

「現状渡し」という記載が

ほとんどの場合あります。

 

現物を見て、買っているのだから

何かあっても、それはすべて

購入者の判断となり

売主は責任がないというものです。

 

もっとも、ぱっと見では

住宅は分からない部分が多いので

ある一定期間の瑕疵保証はあります。

 

売主が一般の方の場合で2~3か月

売主が不動産会社の場合で2年です。

 

多くの場合、不動産会社が仲介で

売主が一般の個人です。

 

そして多くの方が勘違いされていること

不動産会社が入っているから

大丈夫って?

 

不動産会社は

建物の売買のプロであって

建築のプロではないという事です。

 

また、建築のプロであっても

住宅診断のプロでないと

判断できない部分は多いです。

 

中古住宅を購入後

不具合や瑕疵が分かっても

対応してくれる売主、

不動産会社は

ほとんどありません。

 

その解決はかなり難しいです。

多くの費用と時間が掛かります。

100%満足できる解決もありません。

 

それらの経験から

私は中古住宅の購入前検査を

お勧めしています。

 

購入前検査ですから

解体調査はできませんから

100%大丈夫か?

どうかは分かりません。

 

ご自分でこの家は大丈夫と

判断された方はそれも良いでしょう。

無駄と思われるお金は

掛けない方がいいと思います。

 

少しでも不安のある方は

住宅診断に少し、

お金を掛けてみませんか。

 

 

診断事例が300件以上掲載しています。

何かの「住宅の困った」の解決に

お役に立つかもしれません。

 

  住宅診断なら札幌市の【エスパス一級建築士事務所】| トップページ(毎週、写真で更新しています)

 

診断事例をご覧になって

自分の場合はちょっと違うな?とか

こんな場合はどうなんだろうと?

疑問が出たら、お気軽にご相談ください。

 

応援の「ポチ」

購読登録も頂けると嬉しいです。

 http://
一級建築士 ブログランキングへ]

  [http://
マイホーム ブログランキングへ:title]