読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困った時、私の仕事がお役にたてます。

17年前からのお知り合いの方から

SOSは今年の1月末のことでした。

f:id:espasbiz:20150407195516j:plain

詳細は下のHPに掲載させて頂きました。

http://www.espas.biz/info/detail.cgi?res=0&code_key=%ba%cc&number=370

知り合いになったきっかけは

今でもお互いに参加している、あるNPOです。

それから、17年・・・・

まさか、こんな形で依頼がくるとは?

 

「このNPOに参加して私と知り合いであった事

それだけでも、このNPOに入っていた意味がある」と

自分はとてもラッキーだったと喜んで頂きました。

 

すがもりの処理も先日、終わって少し落ち着いた頃

「隣のマンションの人に屋根に何か?青い物が?」と

云われ、相談の連絡が入りました。

 

話の内容から、建築現場でよく使うブルーシートでは

ないだろうか?という事になりました。

 

それなら、大丈夫ではなく、建物が壊れるという緊急の

事態ではないのですが、ブルーシートだとしたら、

このシートが屋根の排水を塞いでしまうと雨が降った時に

1月末のような大量の雨が室内に流れ込む心配があります。

 

すぐにお伺いして屋根に上がって見ると

やはりブルーシートでした。

これをゴミ袋に詰め込んで屋根の板金状態も確認。

特に緊急はないので、2~3年の間に塗装を

された方が良いですよとお話しました。

 

実はこの前にご自宅の相談もお受けしており

屋根の処理が終わって、その後に

ご自宅訪問ということになりました。

 

ご自宅は10年前に増築した屋根からの雨漏りが

何度も起きており、数年来のお悩みでした。

 

室内からその部分を触るとパラパラと

木くず、蟻の抜け殻が落ちてきました。

これは明らかに木の腐食が推定できます。

後日、解体して確認の上、補強することになりました。

 

その後、2階の窓から

「宮下さん、屋根の軒天が宮の沢ハイツと同じ」と

友人からの声が聞こえました。

 

宮の沢ハイツとは「マンションの屋根崩落」で

ニュースで話題になった事件です。

 

私も2階に上がって見ると確かに崩落寸前です。

屋根の先端に毎年、大きなツララが出来ていたとのこと。

その大きなツララの荷重の影響で

軒天井材のモルタルが剥がれかかっていました。

 

これは大至急の補修が必要です。

それまではこの下には近づかないように

くれぐれも注意するようにお話しました。

 

このお家も築40年を超えており

屋根などはメンテナンスされているようでしたが

それ以外は何もされていなかったようです。

 

でも、今回、落下する前に気づかれたことは

ラッキーでした。直すには費用は掛かりますが

もし、これが落下でもしたら大変な事になっていました。

 

不便を直したり、メンテナンスをすることは必要ですが

家の全体を点検することも重要です。

 

その上で優先順位を決めて

メンテナンス計画を作られることをお勧めします。

 

 

直通電話:090-7640-4684

事務所電話:011-788-2059

FAX:011-788-2063

メール:espas@myad.jp

 

応援の「ポチ」

登録も頂けると嬉しいです。

 http://