読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正義の味方だよね

私の知り合いで

私の仕事をこのように

表現する方がいます。

f:id:espasbiz:20161003183725j:plain

何か、悪い業者をやっつける

イメージらしいです。

 

明らかに建物に問題があり

その後の対応がひどすぎる場合

 

話し合いにもまったく

応じず、

困り果てた方は

最後の手段として

 

弁護士に依頼して

補佐として建築士が参加し

裁判で決着させることもあります。

 

建築知識がない

一般の方の側に付き

悪徳業者から

弱い人を助けるという

イメージだと思います。

 

でも、必ずしも

悪徳業者ばかりではないのです。

 

一般の方は確かに

建築の知識がなく

業者からはクレーマー的な

扱いを受けることもあります。

 

ここまで来ると

話し合いの余地もなく

お互いに自分を守ることに専念します。

 

そうなる前に

両者の言い分を理解して

何か正しいかを判断する

最良の方法を提案できる

第三者が必要になります。

 

私は起業当時

「建築の通訳」という

表現もしていました。

 

お互いに言いたいことだけを

ぶつけ合っても

解決へ向かうことはありません。

 

建築知識がない一般の方と

建築会社では言葉が通じていない

そんなケースも多いです。

 

本来、家は家族と団欒の場です。

家のことでトラブルになってほしくないのです。

 

トラブルならないように

 

新築では、建築中の第三者検査

リフォーム前の第三者診断

中古住宅の購入前の第三者検査を

お勧めしています。

 

私は正義感だけで

この住宅診断の仕事を

しているのではなく

 

悪い業者をやっつけて

正義の味方

ヒーローになることが

目的でもありません。

 

家のトラブルが

起きないようにすることが

16年、住宅診断の仕事をしてきて

増々、この仕事が重要で

 

改めて、住宅診断という仕事が

私の使命だと思っています。

 

 

エスパスのホームページには

診断事例が300件以上掲載しています。

何かの「住宅の困った」の解決に

お役に立つかもしれません。 

  住宅診断なら札幌市の【エスパス一級建築士事務所】| トップページ(毎週、写真で更新しています)

 

診断事例をご覧になって

自分の場合はちょっと違うな?とか

こんな場合はどうなんだろうと?

疑問が出たら、お気軽にご相談ください。

 

応援の「ポチ」

購読登録も頂けると嬉しいです。

 http://
一級建築士 ブログランキングへ]

  [http://
マイホーム ブログランキングへ:title]