読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分で自分を守る時代

新築でも

リフォームでも

中古住宅購入でも

いろんな相談があります。

f:id:espasbiz:20150407195516j:plain

新築の場合は

少ないですが、設計事務所に

設計を依頼。

そして建築会社に

施工を依頼する。

 

リフォームの場合は

リフォーム会社に相談して

施工も依頼する。

 

中古住宅を購入する場合

不動産会社に相談して

物件を見て

仲介契約が多いと思います。

 

すべて、みなさんが

ご自分で判断して

決めているのが通常だと思います。

 

医療関係では

セカンドオピニオンという言葉を

聞いたことがあると思います。

ただ、まだ、あまり

一般的に活用されていないようです。

 

お医者さんは他のお医者さんに
かかるのを嫌がるのではないかと
心配され、セカンドオピニオン

使わない場合がほとんどだと思います。

 

建築もよく分からない部分が多くても

他の人に聞いては気を悪くすると

思われ、なかなか、相談できないと思います。

  

仕事に自信とプライドを持つのは

素晴らしいことだと思います。

 

でも、それが

依頼者である、みなさんの思いと

異なった場合

みなさんはどうされますか?

 

専門家が言うのだから

それに従いますか?

 

チョット、違うと思うけど

信頼して、お任せしたのだから・・・・

ここでいろいろ言って

気分を害されたら、後で困りそうと

何も言いませんか?

 

何か、質問しても

説明が専門的過ぎて

理解が難しいと思われていませんか?

 

建物が完成してから

イメージと違う

打合せと違う

 

それはコミュニケーション不足で

思いが、認識が一致していないことが原因です。

 

専門的な話は

素人には分からないのだから

それをちゃんと説明しない相手が悪い。

 

いろいろと不具合が出ているのだから

それを直すのは、あたり前なのに

いろいろと言い訳をして

何もしない。

 

ほとんどのクレームという状態は

このような場合です。

 

もっと話がこじれてしまうと

欠陥・瑕疵という状況になってきます。

ここまでくると円満な解決は難しくなります。

 

そうなる前に

自分を守る為に何らかの手段を

取っておいた方が良いと思います。 

 

診断事例が300件以上掲載しています。

何かの「住宅の困った」の解決に

お役に立つかもしれません。 

  住宅診断なら札幌市の【エスパス一級建築士事務所】| トップページ(毎週、写真で更新しています)

 

診断事例をご覧になって

自分の場合はちょっと違うな?とか

こんな場合はどうなんだろうと?

疑問が出たら、お気軽にご相談ください。

 

応援の「ポチ」

購読登録も頂けると嬉しいです。

 http://
一級建築士 ブログランキングへ]

  [http://
マイホーム ブログランキングへ:title]