読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ出演で事件

毎回、ブログに

ど~んと出現する似顔絵に

びっくり、されている方から

私の写真集から加工した

生写真をプレゼントして頂きました。

ありがとうございます(^^)

f:id:espasbiz:20150407195516j:plain

いかがですか。

他でも使おうかな(^^)

 

さて、今日は事件について

 

テレビに出演するようになって

依頼が急増しました。

テレビの力は凄いです。

 

2~3回出たころ

あるクレームがテレビ局に

(いやいや、訂正、クレームじゃなくて、

 お客さんからの贈り物です)

 

勿論、原因は私にあります。

中途半端な結論を出し

「やっぱり建築業界の人間かあ?」

 

これはもう

テレビ出演も終わりだなと

思いました。

やっと来たチャンスなのにと

完全に凹みました。

 

番組を統括しているディレクターに

呼ばれ

 

最初の一言

「宮下さん、私は今後も使います」

 

え~~~~です。

使い続けるということは

テレビ局にとって、大きなリスクでは?

 

そのディレクターは続けて

「宮下さん、私は初めに言いましたね。

 テレビは怖いですよって。

 今後はその怖いテレビを

 意識してやってください」

 

この方はいつもリスクを覚悟して

仕事をされているんです。

改めて、仕事の厳しさを学びました。

 

その後

「テレビを観たよ」・・・で依頼された方が

「何か、あれば、テレビ局に言えばいいと思っている」と

軽く話されました。

 

これがテレビの怖さなんだと

認識しました。

 

お客さんからの贈り物は

その後は一件もありませんでした。

 

ある時、雑談の中で

あくまでも雑談ですから秘密ですよ。

 

苺ショートケーキの

紹介を放映した後

テレビ局に

お客さんからの贈り物(クレーム)が

 

「テレビで観たケーキには苺が5個

だったのに自分で買ったら、4個だった」

私はえ~~~~と言いましたが

 

こんな話は日常茶飯事だそうです。

 

お客さんの期待って

いろいろ、あるんですね。

でも、その期待に応えれない時

不満になるんですね。

 

どこに

そのお客さんの期待があるのか?

それを知るのが

私の診断の始まりになります。

 

テレビ出演がなければ

私は今の仕事はしていないでしょう。

 

多くの仕事をもらいましたが

それ以上に今も活きている

仕事への真剣さ、真摯さを

学ばせて頂きました。

 

PS:独り言

最近、正直言うと

またテレビに出たいなあと思っています。

別のテレビ局でもOKなんですけど(^^)

 

またまた長文で失礼しました。

次回からはもう少し、短くします。

 

 「ポチ」の応援いただければ、嬉しいです(^^)

 http://
一級建築士 ブログランキングへ]

 

住宅診断のエスパス

http://www.espas,biz