読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木造住宅の寿命は26年って、びっくりです。

みなさんは

20年を過ぎた家はもう寿命だから

そんなにメンテナンスに費用を掛けても

無駄だと思っていませんか。

f:id:espasbiz:20150322165548j:plain

実はこの26年という数字は

平均寿命で、統計データーが古いです。

みなさんの家の周りの家はどうでしょう?

 

リフォームは最低限の費用で

見た目さえよければ、いいですか。

 

アメリカ、イギリス、フランスなどの

平均寿命は70~80年というデーターもあります。

これらの国の住宅は石やコンクリートで出来ている

訳ではなく、ほとんど、木造です。

 

では日本の国の木造は手抜きで品質が悪いのでしょうか

私は日本の木造建築は世界に誇れるレベルだと思います。

 

勿論、建築時の品質の悪い家は

傷みやすいです。

 

日本の住宅の寿命が短い原因は

メンテナンス不良というか

ほとんどメンテナンスをしないことだと思います。

 

クロスを張り替えること

キッチン、浴室を交換することではなく

 

家の寿命を長くするための

メンテナンスをしていないことです。

 

みなさんは

リフォームを計画するとき

今の不便を快適に

綺麗にしたいということで

始まると思います。

 

始まりはそうでも

この家の10年後20年後を考えてみませんか。

 

最近は築20年以上の家でも

30歳代の若い方の購入が増えてきています。

 

家は本来、「資産」ですが

何もしないと「死産」になります。

取り壊す場合は負債になります。

 

今、こんな空き家問題も起きてきています。

 

既存住宅の購入前検査でも

少し直せば、まだまだ使える家もあります。

すべてメンテナンスの違いです。

f:id:espasbiz:20150328191345j:plain

検査に床下に入って、こんな状態であれば

購入はちょっと、考えますよね。

 

既存住宅を購入する際も

持ち家のリフォームをする際も

表面が綺麗か、どうかではなく

この家を今後、どうするか、

考えみてはどうでしょうか。

 

日本の家の寿命は26年ではありません。

この数字はバブル時代の

スラップ&ビルドの結果です。

 

メンテナンスさえ、きちんとすれば

家は60年も70年も長持ちします。

孫の代まで使ってもらうのもいいし

資産として売買する時代になっています。

 

そのお手伝いをするのが私の仕事

「住宅診断」です。

 

住宅診断のエスパス

http://www.espas.biz